シアリス,シアリスジェネリック,通販,購入,当日送付,効果

シアリスの一覧はこちらから

シアリス性適合の4つのステップ

シアリス,シアリスジェネリック,通販,購入,当日送付,効果

 

シアリス性応対には4つのランクがある

 

性応対は性的な外敵において、男女共に客を受け入れるアクションと言われています。

 

基本的には男女で性応対に変わりはありませんが、あらわれお客様に違いがあります。

 

性的な外敵を通して掛かる身体的下ごしらえをロジカルに分けると4つのランクに分かれます。

 

快感期

 

ボディー・視覚・コンディションなどで性的な外敵を受けるといった、性的快感が起こり、性器に血が過ぎる時だ。

 

性的快感が起こるといった、通常は10秒程度で性器海綿体調に血が流れ出る込んで、性器が膨張して硬くなります。これが勃起実態だ。

 

勃起実態が起こるという、共々特性嚢も大きくなり、精巣が持ち上がる状態になります。

 

全身の血行か良くなる結果、約30パーセントの男性は乳頭も勃起します。

 

発展期

 

性的な外敵が貫くため、性的快感が増加します。

 

こういう発展期が性器の勃起を確保させてくれる。

 

性器海綿体の血が伸びるため、性器が広く硬くなります。

 

勃起有様が貫くってカウパー腺から分泌されたカウパー液が出先尿道口から出て来る。

 

オーガズム期

 

性的な快感が絶頂に渡る時だ。

 

絶頂に達すると男性は射精します。

 

射精後述、精巣上体・精嚢・前立腺などが収縮して精液が射光されます。

 

射精したことで、体内の鼓動総和や息づかい総和が上昇します。

 

消退期

 

性器が収縮し始める時だ。性的外敵にも応対しづらくなります。

 

オーガズムの快感後述、性的外敵を通じて性器に流れ込んです血が当たり前に戻ります。

 

そのため性器の勃起もおさまります。鼓動総和や息づかい総和は当たり前に戻っていきます。

 

EDは4ランクの性応対で最初の快感期に視点が生じていらっしゃる。

 

性応対には2つの相からなっている

 

正常な性応対を観察してわかったことは、性応対には2つの相からなっていると考えられます。

 

性器の血管への血行応対にて、性器が勃起して、筋肉の萎縮が起こりオーガズムの感性が起こるということです。

 

これらの応対を起こすには、性的な考えがあるとして、その時を淫欲相として、性応対全体で『淫欲相』『血行相』『オーガズム相』の3つに品目した場合、EDは『血行相』に視点が生じているので、『淫欲相』の視点や『オーガズム相』の視点は、EDとは違う視点になります。

 

ですが、勃起思いの丈が軽くなったり、自然に勃起が起きないとすれば、性的思惑も減少しているので、性的相に問題が起きてあることが考えられます。

 

このケースは、EDが立て直しできれば、淫欲も元に戻ることが多いです。

 

射精に関しても、射精組織に視点があってEDの方もいれば、勃起異変が誘因が射精できない方もいらっしゃる。

 

性系統快感はどのように起こっているのか

性的快感には、脳からセンター地雷による小物といった、体感から末梢性による小物ってがあります。

 

センター性の性的快感は『視覚』『コンディション』『嗅覚』などの感性と夢物語などが脳に性的外敵として認識されます。

 

これらが混じるといった、性的フィーリングになり、『大脳辺絆的』と呼ばれているところにいる淫欲センターが興奮します。

 

また、頃脳視床虜における『頃脳性勃起センター』が興奮します。

 

『頃脳性勃起センター』が興奮すると脊髄の勃起中枢にわかり、末梢地雷を通じて性器が勃起が起こります。

 

それほどの末梢性の快感は、触れられることなどにより性器などに受けた体感外敵が、末梢地雷にて『脊髄性勃起センター』を興奮させます。

 

こういう外敵は返照路にて性器に勃起をおこすのと同時に脊髄から『頃脳性勃起センター』も興奮させます。

 

センター性の快感って末梢性の快感が寝るといった興奮度が高くなって性応対をきつくします。

 

シアリスの即日通販はこちらから